新着投稿

バッテリーのアダプテーション方法について

OBDeleven JAPAN

Administrator
スタッフ
フォルクスワーゲンやアウディの車両でバッテリーを交換した際は、交換したバッテリーに関する情報(メーカーや容量)を車両に認識させる必要があります。
ここではOBDelevenを使用したバッテリーアダプテーションの実施方法を紹介します。
※バッテリーアダプテーションは、PRO・アルティメットプランのみで作業可能です。

年式によって作業手順が2通り存在しています。
表示されるコントロールユニットに合わせて適切な方法を実施して下さい。


VARTA製の60Ahバッテリーに交換し、EFBバッテリーからAGMバッテリーに変更になったと仮定します。

手順①:(コントロールユニット61がない場合は、手順②を参照してください。)
① コントロールユニット:61 バッテリーコントロールを選択
②アダプテーション(Adaptation)を選択
➂チャンネル4選択
"Ah値(3桁) "半角スペース"サプライヤーコード(3桁)"半角スペース"シリアルナンバー(頭10桁)"を入力し書き込み
※今回の場合、060VA0バッテリーに記載の10桁のシリアルナンバーを入力
※サプライヤーコードは下記を参照してください。
VARTA=VA0
BOSCH=Z5G
EXIDE=TU3
MOLL=MLA
JCI=JCB
BOADING=5DO
AkUMA=UM5

続いてバッテリーテクノロジーの変更へ進みます。
⑤ コントロールユニット::61 バッテリーコントロールのロングコーディングへ移動
⑥Byte2へ移動
⑦ Enhanced flood battery (EPB/PR J0T)(Bit4,5,6がチェック)をタップし”Absorbent glass mat (AGM) battery”を選択し書き込み作業完了です。(書き込み後、bit4のみチェックした状態)

手順②:
① コントロールユニット:19 Gatewayを選択
② アダプテーションを選択
➂ バッテリー、アダプテーションを選択(検索時は、”半角”で入力し検索して下さい。)
バッテリー定格容量、バッテリー技術、バッテリーマニュファクチャー、バッテリーシリアルNoを入力し書き込みで作業完了です。